Last updated: September 2009. Kajiyama             [ 目次に戻る ]

曲面,連続面をプッシュプルするプラグイン (jointpushpull.rb)



 


  1. 図面の生産性の向上のために「曲面,連続面をプッシュプルするプラグイン」を使用する.

    ・ 「JointPushPull.zip」をダウンロードし,ダウンロードしたファイルが ZIP 形式になっている場合は解凍する.

     あるいは,このプログラムをコピーし,テキストエディターで「jointpushpull.rb」のファイル名をつけて保存する.

    ・ SketchUpを終了し,「jointpushpull.rb」 「LibTraductor.rb」 「JPP_Dir」 「JPP_Dir_1」を

      Google/Google SketchUp 6/Pluginsのフォルダーに入れる.

  2. 「jointpushpull.rb」をインストールすると,「ツール」に「Joint Push Pull」 「Vector Push Pull」 「Normal Push Pull」のサブメニューが表示される.

    同時にツールバーに,これらの「Joint Push Pull」 「Vector Push Pull」 「Normal Push Pull」 アイコンが現れる.


  3. 曲面あるいは平面を選択し,アイコンをクリックし,元の面に厚みをつける.最後に「Enter」キーを押すと厚み持つ図形が作成される.


  4. 曲面を選択し,「Joint Push Pull」 のアイコンをクリックし,ワイヤーフレームで元の曲面に垂直に,曲面に厚みをつける.
    「Enter」キーを押すと図形が作成される.

     



  5. 曲面を選択し,「Normal Push Pull」 のアイコンをクリックし,ワイヤーフレームで元の曲面に垂直に,平面に厚みをつける.
    「Enter」キーを押すと図形が作成される.

     



  6. 曲面を選択し,「Vector Push Pull」 のアイコンをクリックし,ワイヤーフレームで元の曲面に一定の角度をつけて,曲面に厚みをつける. 「Enter」キーを押すと図形が作成される.

[ 目次に戻る ]